カーテンサイズ、シェードサイズサイズ、ブラインドサイズ、ロールスクリーンサイズの測り方のご紹介です。|インテリアオプション.com

  • 新着情報
  • コンセプト
  • 商品紹介
    1. カーテン/ブラインド
    2. オーダー家具
    3. フロアコーティング ハウスコーティング
    4. 窓フィルム/エコカラット
    5. 照明/エアコン
    6. キッチン設備機器
    7. バルコニーユニット
  • 施工例
  • お届けまでの流れ
  • よくあるご質問
  • 会社案内

カーテン・ブラインドの採寸方法

カーテンサイズの測り方

せっかくのオーダーカーテンも、サイズがお部屋と合っていなかったら台無しです。
ここでは正しいカーテンサイズの測り方をご紹介いたします。

仕上がり巾

カーテンにゆとりを持たせるため、仕上がり巾はカーテンレールより若干長めに測ります。
ゆとりの目安は下記の通りです。

レールの長さ カーテンのゆとり
100cmまで 1.05
200cmまで 1.04
300cmまで 1.03
301cm以上 1.02

レールの長さ×カーテンのゆとり=仕上がり巾

例 180cm×1.04=187cm ※小数点切り上げ

カーテンレールの採寸位置について
レールの長さは両端にあるキャップストップ間の距離、レールの高さは床からキャップストップの穴の下端までの距離を測ります。採寸する際は、市販の金属製メジャーをご使用ください。

 

仕上がり丈(カン下寸法)

掃き出し窓の場合は床からランナーの穴までの高さを、腰窓の場合は窓枠の下端からランナーの穴までの高さを基準にします。
掃き出し窓の場合
床からの高さ−1cm=仕上がり丈
腰窓の場合
窓枠からの高さ+15〜20cm=仕上がり丈
例 180cm−1cm=179cm
※二重吊りのレースはドレープより1cm短くします。
例 90cm+15cm=105cm
※二重吊りのレースはドレープより1cm短くします。
仕上がり丈(カン下寸法)
※A・Bどちらのフックの場合も、仕上がり丈(カン下寸法)にてご注文ください。

 

フックの選択

カーテンレールの形状や種類によって、取り付けるフックのタイプが違いますので注意してください。
正面付の場合 カーテンボックスの場合 装飾レールの場合

※ご注文の際は必ずフックの種類をご確認ください。

Aフック(天井付) Bフック(正面付)

 

開け方の選択

両開き、片開きをお選びください。
両開き
※2枚セットです。
片開き

 

シェードの測り方

シェードの種類によって測り方は違います。
1.天井付け(窓枠の内側に取り付ける場合)
仕上がり巾と仕上がり丈は、窓枠の内側実寸法から1cm程度差し引いた長さで指定してください。
2.正面付け(窓枠を覆うように取り付ける場合)
仕上がり巾は窓枠の外側実寸法、またはプラス10cm以内の長さで指定してください。仕上がり丈は窓枠の外側実寸法、またはお好みの高さで指定してください。
3.カーテンボックス天井付け(カーテンボックス内に取り付ける場合)
仕上がり巾は、カーテンボックスの内側実寸法から1cm程度差し引いた長さで指定してください。仕上がり丈は、カーテンボックス上部から採寸し、窓枠の外側実寸法もしくはお好みの高さで指定してください。

 

ブラインド/ロールスクリーンの測り方

ブラインドやロールスクリーンのサイズを測る場合、その取付方法によって下記のように採寸します。
天井付け
窓枠の内側実寸法から1cm程度差し引いてください。
正面付け
窓枠の外側実寸法以上の長さで指定してください。
●カーテンボックス(ブラインドボックス)に取り付ける場合
巾:ボックスの内側実寸法から1cm程度差し引いてください。
高さ:ボックスの内側上部から採寸してください。

お問い合わせはこちらから

  • カーテン/ブラインド
  • オーダー家具
  • フロアコーティング ハウスコーティング
  • 窓フィルム/エコカラット
  • 照明/エアコン
  • キッチン設備機器
  • バルコニーユニット

このページのトップへ戻る